【インタラクティブコンテンツ】ARもじへんげ

ARマーカーを用いたインタラクティブコンテンツを制作する演習授業での作品です。

ひらがなが書かれたマーカーをセットしてカメラに映す。するとそれに対応した3Dオブジェクトが表示されます。

作品の意図としては、文字と音とそれが示すものを一度に知ることができる知育玩具を作りたいという思いから制作しました。

 

<成果>

ARマーカーをただプログラムが実行されるためのトリガーではなく、それ自体に文字情報を付加するというアイデアが評価されたことは大きな成果である。しかし、現状はオブジェクトが表示されるだけで面白みがないため、コンテンツとしてのボリュームを増やすことが課題点であると言える。

 

制作期間:2019年6月頃

ツール:Processing/MAYA/Adobe Premiere

作品紹介動画: